“TOKYO Girl’sFestival”のLINE@はじめました!
スポンサーリンク



秘訣はブログで売ろうと思わないことなんで?と思うその秘訣とはオリジナルメディアの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



読者に読んでもらうためのテクニック―――。

現在は、自分の考えや意見を公開する方法が豊富に用意されています。

オリジナルメディアを作るということは、ブログやメルマガを通して、自分の出張を発表できる場所を持つ。

ここではインターネット上に掲げるを前提で話していく。

それでは早速行ってみよう🎶

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



誰に向けて何を書く?読者に読んでもらう秘訣は読んでもらおうと思わないこと!?

ブログを書こうと思っても、『続けられない』ということが、最大の悩みではないでしょうか?

確かに『サイトを持つ』と目標を持ち、始めたとしても、昼間働いていたり、それから家に買えり、それから文章を

書くということは、簡単ではありません。

ついつい、今日は会議で疲れたから、残業だった、夜勤明け・・・と避けたくなる気持ちはありますね。

人が挫折しない方法は、『この道を進めば、自分の望み通りの未来が築ける』確信することが大事です。

それには、『誰のために』『何のためにやるか』を理解しておく必要があります。

  • 誰のために・・顧客の為、敷いてはこれが自分の為になっていくのです。

また、他人の反応が怖いため、に起こる不安要素を取り除いていこう。

世間のマーケティングに対する間違った思い込み

副業の第一歩として『オリジナルメディアを作る』

新しいビジネスを始めたいとか、現状を改善したいという方に必見です。

『オリジナルメディア』を作る段階で、なぜ売り物はなくていい?

人が仕事で躓くのは案外似通っているものです。

オリジナルメディアを構築するというのは、マーケティングの一環です。

マーケティングの理想とは、セールスを不要にすることである。

経営学者のP・F・ドラッカー博士が言った言葉です。

もともと、マーケティングとセールスでは、やるべきことが全然違います。

マーケティングとは、ペルソナを一人に絞りつつ、その後ろに控える何千人、何万人もの潜在顧客を相手にしていくことです。

潜在顧客とは、正式な顧客になていないけど、サービスを知ってもらえば、利用してもらえる可能性のあるサービス対象者のことです。

マーケティングの目的は、自分のサービスを必要としている人に知ってもらい、

顧客を集める』事です。

それに対して、

セールスは、顧客と1:1で向き合うことです。

目の前の人が、『困っていること』『欲していること』に照準を当てて、

『自分にはあなたの悩みが解決できます』とお伝えすることです。

つまり
マーケティング→ペルソナという理想像を通じて多くの人にアプローチしていく。
セールス →今、目の前にいる人に「セールスプロセスの階段を上ってもらう」行為。

その違いを、ECサイトのアマゾンを例に見てみましょう。
最近はアマゾンもテレビCMを打つようになりました。
CMはマーケティングの代表的な手法の1つですが、
多くの人に広く知ってもらい、利用してもらおう」という意図があります。
それに対して、実際にアマゾンのサイトを訪れて、自分の欲しいものを検索してみると、

下のほうに「これを見た後で、多くの人はこの商品を購入しています」とか「セットで購入するといくら」というような告知が出ます。

あなたもこれを目にして、つい「こっちはどんな商品かな?」とクリックしたことがあるのではないでしょうか。

これがアマゾンのセールスに相当します。

この場合、「この商品に興味のあるあなたであれば、きっとこちらの商品も気に入ると思いますよ」という言葉を販売員に言わせるのではなく、機械に言わせているわけです。
CMもサイト内の告知も、どちらも宣伝ですが、目的が違うことがおわかりでしょうか?
アマゾンが顧客に無理強いして、商品の購入ボタンを押させることはできません。そうではなく、顧客からボタンを押してもらう。これが、真のセールスなのです。

読者に読んでもらうためのテクニック

世の中には星の数ほどのコンテンツがあります。

その中で、読者に選んでもらい、読んでもらえるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?
通常、書籍には必ずタイトルがあり、コンセプトに基づいて文章が書かれています。同じく、ブログもペルソナに基づいて読者を決め、

自分には語る資格がある」というアプローチをする必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク