今が旬の蟹お取り寄せおすすめ店を Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★・・【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。

◯おすすめ度★★★★☆・・【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

◯おすすめ度★★★☆☆・・美味しいカニの通販サイト!浜海道

◯おすすめ度★★★☆☆・・おとりよせランキングNo1【毛ガニむいときました。】

 

春の引っ越しシーズン到来!熱帯魚の輸送用パッキングと運搬方法

スポンサーリンク



春の引っ越しシーズン到来です。

新しい生活が始まるこの季節。

そんな時期に心の支えになってくれるのがいつも可愛がっている熱帯魚だったりしますね。
愛用の熱帯魚が引っ越しする時の運搬方法をまとめてご紹介する。

それでは早速見ていきましょう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



引っ越し準備!水を溢さず運搬するには!?

アクアリストが引っ越しの際に一番悩むのは、その運搬方法だと思います。

大事なペットが万が一のことにならないように、しっかり運搬について知識を叩き込もう!

運搬までにやっっておくべき事 3選

  1. 断食(餌を与えない)
  2. 飼育水はそのまま
  3. 直射日光を避ける

①餌を与えない

水質悪化を防ぐために、2日前くらいから餌を与えるのをやめます。フンをしてしまうと限られた輸送の環境では、水質が悪くなりそのせいで星になってしまうのを避ける為です。

②飼育水はそのまま

水質の変化による魚へのダメージを避ける意味でも、飼育水は変えずにこれまで使っていた飼育水を使うようにしましょう!

魚へのストレスとバクテリア保持が目的ですね。

③直射日光を避ける

日光による水温の上昇を防ぎましょう!

いつもヒーターなどを使って一定の温度に保っている魚へのダメージを与えない為です。

発泡スチロールがあると便利ですね。

これが輸送の鉄板!ビニール袋でのパッキング輸送

熱帯魚用の丸底ビニールがおすすめです。

普通のポリ袋に比べ角での魚の巻き込みも防げ、強度もアリ、破けづらいのが特徴です。

高値ではあるので、そこがネックではありますが。

また、最近ヤフオクでのメダカの出品をして輸送する際、パッキングに手間取ってしまったこともあるので、

引っ越し当日にやる前に、魚を入れず、水だけ入れてパッキングの練習をされた方が、魚も負担も減ります。

意外とショップ店員さんは軽々やっていますが、実際にやってみると難しいものです。

ビニールに入れる酸素の用意もお忘れなく。

今ではタブレットになった入れるだけ酸素も売っているので、輸送の際参考になさってくださいね。

また、蓄電式のエアーポンプも売ってますので、家で底面式フィルタや投げ込み式のフィルターなどでエアーをされているように

エアーを送りながら、輸送もできる便利な商品もあります。

また、季節に応じて、ホッカイロや保冷材の使用をお勧めします。

今は、3月ですが、4月など、この季節になってくると、輸送もよりしやすい時期です。

暑すぎず、寒すぎないので、輸送にはピッタリな季節です。

まさにシーズン到来です。

輸送に必要なパッキングの準備

パッキングに必要なものは、有名です。charm(チャーム)さんがおすすめです。

ペット用品から輸送に必要なものまで、何でも揃います。

必要なもん

フィッシュバック・・・丸底ポリ袋

発泡スチロール

オキシジェン・・・ オキシゲン

酸素

で検索

すると出てきますよw

ダイソーの発泡スチロール容器も使い勝手いいですよ。

ちなみに電車などを使う場合。

以前実家から自宅まで60cmや30cmの水槽を運んだことがあります。

段ボール箱にくるんで、キャアリアに積んで運びました。

JRの基本的な持ち込み条件

長さ70cm以内

縦横高さの合計が、90cm程度。重さが10Kg以内のものなら輸送OKです。

有料なので、品切符代 280円です。

新幹線も同様だそうですw

万が一のことも考え、足元など近くに置いときましょう。

僕は4時間の輸送中先頭の車両の前にいて立ちっぱなしでしたww

かなり疲れますし、寝ることもできませんでしたw

新しい生活の場・新居での魚受け入れの準備

ポイントは、なるべく移動前の環境に近づけること。

可能であれば、なるべく多くの飼育水を持っていくことです。

持っていくものは、4ℓの焼酎のペットボトルです。

4キロほどなので。持ち運びも便利ですし、水もこぼれず、入れるときも簡単便利です。

でも、なかなkありませんよね。

お酒やさんなどお酒を扱っているお店で入手もできそうですよ。

クーラーBOXという手もありますが、意外と重いですね。

水槽に水を入れるのも一苦労です。

あとは、熱帯魚水槽の立ち上げの手順通りに行うことをお勧めします。

まとめ

引っ越しの際、運べないからと近くの川や池・堀などに放流はやめてくださいね。

生態系のバランスが崩れてしまいますし、生き物にとってもよくありません。

どうしても運搬が難しい際は、

ご連絡を

それでは、次回更新をお待ちください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク