今が旬の蟹お取り寄せおすすめ店を Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★・・【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。

◯おすすめ度★★★★☆・・【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

◯おすすめ度★★★☆☆・・美味しいカニの通販サイト!浜海道

◯おすすめ度★★★☆☆・・おとりよせランキングNo1【毛ガニむいときました。】

 

プロが教える!ハムスターの視力・聴力・味覚・嗅覚・触覚の五感の秘密

スポンサーリンク



ハムスターの五感―――。

ハムスターは、ペットで飼われている動物の中で小さい部類に入る動物です。

生活リズムも夜行性で、この行動性に特化した優れた感覚神経をもっています。

人間といかに違うのか?早速見ていこう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



ハムスターの視力・聴力・味覚・嗅覚・触覚の感覚神経

自然界のハムスターは、夜行性で、外敵から身を守るために、夜に活発に動き、昼は巣穴で寝ています。

その為、目が見えにくい夜の活動に適した感覚神経になっています。

ハムスターの視力

ハムスターの目は悪く、いわゆる近眼です。

目で判別できる距離は、せいぜい20㎝~30㎝くらいの範囲です。

横向きには150度から170度ほど見ることができます。

ハムスターの目は横向きについているので、物を立体的に見ることが苦手です。高さが分からず、高いところから落ちたり、飛んだりして、けがをしやすいです。

嗅覚や聴力に比べるととても能力が低くなっています。

しかし、暗いところで活動するのは得意です。

ハムスターは夜行性なので、暗くても良く見えます。ハムスターの網膜の細胞は明るさを感じる細胞が多いので良く見えるようです。

桿体という器官が人間よりも発達しています。

ハムスターの聴覚

聴覚は、とても優れていて、飼育者の人間と比べてはるかに認識できる周波数の範囲が広く、
その周波数は、超音波も認識できると言われています。

ハムスターがピンと耳を立ててキョロキョロしてる時をたまに見かけると思いますが、その時は、何かを聞いてるのかもしれませんね。
人間が聞こえる音の範囲は約20~2万ヘルツなのですが、ハムスターはそれ以上の1000ヘルツ~50000ヘルツでよく聞こえる範囲も5000ヘルツ~20000ヘルツと高周波も聞き分けることが出来ます。

ちなみに超音波は、指向性が良いため、音のする方向が分かるそうです。

人間が普段話す声は、80ヘルツ~4000ヘルツなので、人間の話し声は、聞こえにくい声の高さです。
女性や子供の声は、聴きとりやすいそうです。

野生のハムスター同士では超音波を出し合って情報交換するようですよ。

鳴いていないように感じていても、本当は泣いているのかもしれないですね。

赤ちゃんハムスターは、超音波を使って母親を呼びます。母親は、フェロモンを使って赤ちゃんに場所を教えます。

超音波は、天敵聞こえずに交信できる効率の良いコミュニケーション手段です。

頻繁に音に反応させて、警戒させてると懐きにくくなることもあるから気を付けよう。

なので、ゲージを置く場所も、落ち着ける場所に置こう。

ハムスターの嗅覚

目とは違いは、ハムスターの鼻はよく利きます。

人間の40倍以上もあると言われます。

視力が弱い分鼻はとても発達していて、五感の中で特に優れています。

その優れた嗅覚から、ご飯を識別したり、他のハムスターの匂いが付いた縄張りを嗅ぎ分けたりしています。

人間には良い香りでも、ハムスターにとっては、耐えられない悪臭の場合もあるので注意しましょう。

匂いで、相手を判断したり、特にメスはオスのにおいで、オスを選ぶようです。
ハムスターが異性を引き付けるフェロモンは鼻よりもヤコブソン器官というところで感じます。

匂いのコミュニケーションで、相手がいなくても、相手や相手の状態が確認できるところが面白いですね。

ヤコブソン器官とは
嗅覚神経系とは完全に独立した神経系に属します。
また、ヤコブソン器官は、フェロモンの感知に関して非常に重要な器官であることが分っています。
嗅覚系と構造が似ている為、においにも関係しているものと思われていましたが、嗅覚系のように嗅線毛のような毛はなく、
嗅細胞から嗅球、そして大脳皮質嗅覚野に情報がいってにおいとして意識する事ができない事も分っています。
ヤコブソン器官は大脳皮質とは直接、つながりがない為に無意識うちに私達の行動に影響を与えるフェロモンだけを感知する器官なのです。
(フェロモン自体はタンパク質からできており、分子量が大き過ぎて揮発しないの
で匂う事はありません。ただし、純粋なフェロモン物質だけをを放出するわけでは
ないので近くでにおいを嗅いだ場合は何らかのにおいがします。)

ハムスターの味覚

ハムスターの味覚は人間と同じ「みらい」という舌の細胞で感じることが出来ます。

以外にもハムスターは、甘いやにがいを識別できるほど、発達しています。

なので、おやつの甘いものはよく食べ、苦いものは吐き出してしまい食べる事がほとんどありません。
ハムスターにも好きな物嫌いな物があり、ご飯にもこだわりがあるようです。

ひまわりの種などは大好物なようです。

だからと言って、与えるエサがひまわりの種だけでは栄養バランスがよくないので、エサには気をつけないといけません。

ハムスターの食事については、こちらに書いているので参考にしてください。

毎日の健康を考える時に、まず第一に改善点として思い浮かぶものはどんな点でしょうか? 私たちの生活を回想してみても、やはり毎日の食事が一番の重要ポイントであるはずです。 ハムスターたちにとっても健康で長生きしてもらうためには、やはり良い食習慣が大切です。 そこで今回は、ハムスター飼育には欠かせないバランス食「ペレット」と「おやつ」に注目して、その選び方のポイントやおススメの種類、ペレットを食べない時の対処法などをご紹介します。 おやつについて徹底的にご紹介! ハムスター好き必見の情報満載盛りだくさんでお送りします!

ハムスターの触覚・痛み感覚

触覚であるひげが、物を識別する大事な役割を果たしていて、視力が弱いハムスターにとって、ひげで物に触れることで、

自分のいる場所を把握できたりします。

神経が発達しているので、アンテナや触覚のような役割があります。

また、ハムスターは痛みに対して鈍いようです。

怪我や骨折をしていても、平気な顔して活動していたりします。

人間やほかの動物に比べて痛みの感覚が良くないようです。

ハムスター自身は怪我してても平気そうにしてるので、飼い主が気をつけてあげないといけませんね。

体内の痛みは表面上よりも感じるらしく、お腹や内臓が痛いときは苦しそうにしています。

どちらにせよ、飼い主が気をつけて観察しないといけないですね。

ハムスターの視力・聴力・味覚・嗅覚・触覚の五感 まとめ

ハムスターの感覚神経の中で、もっとも優れているのが嗅覚で、自分の臭いや他のハムスターの臭いを嗅ぎ分けて縄張りを認識したりしています。

また、聴覚も敏感でちょっとした物音に反応するので、ケージを置く場所はこの音が頻繁にしない場所に置く必要があります。

味覚は、ご飯の味をしっかりと識別でき、特に甘い果物は好物です。

そして、夜行性のため視覚はとても悪く、約20cm程度しか認識出来ませんが、暗闇の中では目はききます。

ハムスターは色を識別するのが苦手なようで、白と黒のみで、人間のように立体的に物を識別する力もほとんどありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク