スポンサーリンク



スポンサーリンク




フクロモモンガにみかん!プロ直伝のミカンを与える時の注意点を把握しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




フクロモモンガにみかん/ミカンーーー。

冬にコタツにミカンーいいですよね。
甘くてジューシーで。
そんなミカン、フクロモモンガに与えても大丈夫なの?

そんな疑問にお答えするコーナーです。

それでは早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




フクロモモンガにミカン!みかんを与える時の注意点を把握しよう

みかんー与えすぎない様にする
フクロモモンガにみかんをあげて良いのか否かだけでの答えは、良いです。
ただ、人間が食べてもわかるようにみかんは水分を多く含む果実です。

ちなみにみかんを形成する水分量は85%もあります。

フクロモモンガは水分過多で下痢をし、それを放置しておくと脱水症状を起こして命を落としてしまう事もあります。
フクロモモンガに一度与えて、気に入った様子で喉を鳴らして食べている姿が可愛くて、ついついたくさんあげたら喜ぶのかなと思ってしまいがちですが、フクロモモンガの健康を考えるならば、ほんの少しだけにしましょう。

薄い皮のが付いたまま与えても器用に中の果実のみを食べていたりしますが、皮は取って与えよう

みかんの外側の皮は、剥いてあげましょう。

理由は、皮に農薬が付いている場合があり、
農薬部分を口にしてしまったフクロモモンガは、下痢などを引き起こす原因になりかねません。

水で洗ってもどこまで落ちるかわかりません。

みかんだけでなく柑橘類の皮には全て同じことが言えますので、必ずむいてから与えるようにしてください。
薄皮はついていても良いという説もありますが、できれば薄皮もむいてあげて純粋に身の部分だけあげるのが賢明です。

あげ過ぎに注意しよう

ほんの少しと思っても、ついついあげてしまった…という事もあると思います。
水分過多になってしまう可能性ともう一つ、糖分も取り過ぎになってしまいます。
糖分を取り過ぎると人間と同じように肥満になります。
肥満になるとこれまた人間同様に心臓病、肝臓病、糖尿病、皮膚病などになってしまう恐れがあります。
残念ながらフクロモモンガは体が小さすぎて手術など出来ませんので寿命を縮めてしまうだけです。
みかんを与え過ぎたように思ったら、他の水分の多い果物は与えない、水分の多い野菜を与えないなどして水分量と糖分を飼い主さんが調整してあげてください。
後から後悔してもどうにもならないことですし、甘やかしはもダメになる素と思っておいてください。
下痢とまではならなくても、みかんをあげてから軟便が見られるようであれば、次にあげるときには量を減らしてあげてください。

フクロモモンガにみかんを与えたら放置しない

万が一腐ってしまい、それをフクロモモンガが口にしてしまう事もありますし、腐ったみかんと一緒になっていたペレットや他のフードに菌が付着してしまい、そこからフクロモモンガの体内に入ってしまうと体調不良を引き起こす原因になります。

飼い主さんが見ているところであげて、食べかけのみかんは放置せずにすぐに捨てるようにしてください。

カビの発生にも注意しなければなりません。

出来れば、みかんをあげる際にはケージの外であげる方が、汁が垂れてケージの中が汚れてしまったりすることも無いので、掃除の手間などを考えれば好ましいと言えます。

フクロモモンガにみかんをあげる時は注意しよう

フクロモモンガは飼育が簡単そうで意外と難しいものです。
みかん一つにしても注意が多々必要です。
ほんの数粒を与えるようにし、色々食べさせて栄養バランスを整えてあげるのが飼い主さんの務めです。
甘やかすことなく、一緒に楽しい時間を少しでも長く過ごせるように考えてあげましょう。

それではより良いフクロモモンガライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク