スポンサーリンク



スポンサーリンク




5分でわかるフクロモモンガの達人が教える!フクロモモンガの生態と特徴 8選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




フクロモモンガの生態ーーー。

最近その可愛さから人気が出てきて、沢山の人に親しまれてきたフクロモモンガ

フクロモモンガの歴史はまだまだ浅く、飼育情報などもネット上にはまだまだ少ないかと思います。

実はモモンガの種類の中では、フクロモモンガが最も人に懐きやすく、飼いやすい事

ご存知でしたか?

今日はそんなフクロモモンガの生態について徹底解剖していこう♬

それでは早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




5分でわかるフクロモモンガの達人が教える!
フクロモモンガの生態と特徴

フクロモモンガモモンガは夜行性の生き物で、日暮れ頃から活動を開始します。

活動の最初に食事をすることが多く、その後は休憩を織り交ぜつつ活動すると言われています。食性は種類によって偏りはあるものの、基本は雑食性です。

一生のほとんどを樹上で生活し、地上に降りることは滅多にありません。

自然界ではフクロモモンガは、捕食される側の生き物としてフクロウやアライグマ、イタチ、ヘビなどの捕食動物に狙われながら生活しています。

そのためフクロモモンガは、視覚・聴覚・嗅覚が非常に鋭いと言われています。

視覚については夜、僅かな光でも見ることができ、動体視力も優れています。

フクロモモンガの五感−体の特徴

臭腺

おでこや肛門のそばなど、体のあらゆるところに臭腺があります。
特にオスは大人になるとおでこの臭腺が成長し、ひし形に脱毛します。

聴覚

聴覚は、僅かな音でもどの方向に何があるのかを聞き分けると言われます。

嗅覚

嗅覚は、においによって縄張りや仲間意識を認識しているようで、フクロモモンガの社会性に一役買っている感覚だと考えられています。

フクロモモンガ特有の生態

フクロモモンガがかなり高い社会性を持っており、5~10匹ほどのグループを作って生活しています。

フクロモモンガは臭いによって自身たちを認識しており、他の臭いがするフクロモモンガを寄せ付けようとしません。

多頭飼育などで新しくフクロモモンガを迎え入れるには相当の手順が必要です。

食性


フクロモモンガも雑食性です。植物性に偏っているとはいえ、動物性の食事は30%にも達すると考えられています。

さらに樹液、果実、花などを主食としているようで飼育下でもエサについてはなかなか苦労させられると聞きます。

鳴き声

鳴き声からある程度フクロモモンガの様子を知ることができます。

警戒や威嚇の鳴き声→ギャオギャオ、ギコギコギコ

こんな状態のときに触りにいくと噛まれることもあります。

機嫌が悪いとき→シューシュー・スースーや舌打ちのようなチッという鳴き声

機嫌が良いときは→ククク・フフフと鳴く

繁殖期にはワンワン・キャンキャンというような鳴き声で仲間を探したりもするそうです。

食事(野生下)

花の蜜、樹液、果実、昆虫など

食事(飼育下)

主食:果物(リンゴ・ブドウ・イチゴ・ミカン・キウイなど)、野菜(小松菜・ニンジン・サツマイモ・キャベツなど) 副食:リス用ペレット、動物性たんぱく質(ミルワーム・コオロギ・煮干・小動物用チーズなど)、昆虫ゼリーなど

特 徴

生息している地域により、2亜類が知られている。

温暖な地域にすむ個体は、寒い地域の個体よりやや小型タイプのものがいる。

腹部はクリーム色で背中は青灰色をしており、背に沿って黒いラインが目の間までのびている。この種は有袋目のため、子育てをするための袋をもっている。

そのためオスとメスの判別方法が異なり、オスは腹部(へその辺り)に睾丸があり、丸く膨らんでいる。

そして頭(額)に小さなハゲがある。

メスはオスに見られる特徴がなく、腹部に袋がある。袋は見た目で確認することが難しく、腹部のへその辺りに小さな窪み(へそのような穴)がある。

野生下ではオスとメスのペアか、1頭の2~3頭のメスが一緒にいることがある。

フクロモモンガの生態と特徴  まとめ

ベビーの時期からうまく育てると、人を恐れず、慣れてくれる。

欧米では果実など甘いものを好むことから“シュガーグライダー”という可愛らしい名前で呼ばれている。

臆病でデリケートな面があるため、ストレスをかけずにゆっくりなれさせていってあげる必要がある。

クロモモンガに慣れてもらうには

フクロモモンガを鳴らすときの2つのポイント

①におい
②おやつ

です。

それでは、フクロモモンガの特徴を知って、フクロモモンガの達人になろう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク