スポンサーリンク



スポンサーリンク




フクロモモンガのおやつにリンゴ!プロ直伝りんごを与える時の注意点を把握しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




フクロモモンガにリンゴ(りんご)ーーー。

フクロモモンガ可愛いですよね!

果物や蜜など甘いものが好きなフクロモモンガ。

フクロモモンガにリンゴは与えても大丈夫なの?

そんな疑問にお答えします。

それでは早速見て行こう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




フクロモモンガにリンゴは与えて大丈夫です。

ただ、注意点として、種は中毒を起こすので、取り除こう!

リンゴの種には、フクロモモンガにとって毒になる成分が含まれています。

人間であれば当然食べないのですが、フクロモモンガは歯ごたえのある物を好みますので、種があれば種をかじってしまう可能性もあります。

そのため、事前に種を取り除いておくのが無難です。

また、皮には商品化するに当たってワックスや農薬が付着している可能性があります。

ミョウバンなどを使用ししっかり洗えば大丈夫ですが、手間がかかってしまいますし、きちんと落ちているかは目では確認できません。

念のため皮は剥いてあげるのが安心ですね。

そしてまだ熟していない実も同様に、フクロモモンガにとっては毒になってしまいます。

スーパー等で通常売っているリンゴであれば問題無いかとは思いますが、自宅で栽培したリンゴや、農家さんから廃棄でもらったリンゴなどをあげる際には注意しましょう。

フクロモモンガにリンゴをあげすぎない

リンゴは意外と糖分が多いものです。
フクロモモンガが両手で持って、喉を鳴らす仕草が可愛いからと、つい両手で持ってしまう程のサイズでリンゴを与えてしまう事もあります。

実は人間に換算すると、3kg以上ものリンゴを食べている事になってしまいます。
人間でそれだけの量を食べてしまえば、糖分を摂取しすぎたという事がわかりますよね。
フクロモモンガも同様です。
糖分の摂取のし過ぎは肥満や下痢の原因になってしまうので注意しましょう。

また、甘くておいしいものばかりあげていると、普段のエサを食べなくなってしまいます。
普段与えてほしいのは、ペレットなど市販の主食として売っているご飯です。

甘いものが好きで、好きなものばかり食べてしまう傾向にあるフクロモモンガですので、栄養バランスも崩れてしまい、健康に影響が出てしまいます。

あくまでおやつ程度に、多くても数日に1回程度に留めておきましょう。

いろいろな果物をローテーションして上げるのをオススメします。

基本は、フクロモモンガの食事は、7~8割ー果物・残りがたんぱく質・カルシウムを含む食べ物です。
これを守って、おやつにリンゴを食べさせてあげよう。

それでは、より良いフクロモモンガライフを楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク