“TOKYO Girl’sFestival”のLINE@はじめました!
スポンサーリンク



お好みのハムスターを見つけ出そう!ハムスターの種類と特徴【ハムスター始めて物語】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



お迎えするハムスター選び―――。

ハムスターの種類には、大きく分けてゴールデンハムスターとドワーフハムスターがいて、

ドワーフハムスターの種類には、ジャンガリアン、キャンベル、ロボロフスキーという種類があります。それぞれ特徴などが少し違うので飼い方も少し違ったりします。

その中で自分にぴったりなハムスターを選んで飼う様にしましょう。また同じ種類のハムスターでもそれぞれ個性があり、性格も違うので、どの種類が良いというのは一概にはいえませんが、ハムスターの性質等を参考にしながら選んで行きましょう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



ハムスターの種類と特徴

ゴールデンハムスター

ペットとしての飼われ始めた一番歴史が長く、昔はハムスターといえばゴールデンハムスターを指すほどです。

性格は、おっとりしていてとても飼いやすいです。複数の場合縄張り意識がとても強く争う事があります。

基本は一匹で飼うハムスターです。

大きさもドワーフハムスターに比べて2倍近くあり、大人のゴールデンは手のひら大の大きさになります。すごく懐いてくれるので、一緒に遊ぶには適している種類なのかもしれません。

ジャンガリアンハムスター

最近のペットショップでよく見かけるのは大抵ジャンガリアンと呼ばれる種類です。

その理由は人に馴れやすく飼いやすいからです。
性格も割りとおとなしく初心者でも飼いやすいと思います。

キャンベルハムスター

ジャンガリアンととてもよく似ています。

ジャンガリアンよりも体が少し大きく、性格は、気が強い種類です。子供の時から飼うと良く慣れますが、そうでない場合苦労しながら飼う事になるかもしれません。

キャンベルハムスターはカラーが豊富なので人気があります。

ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーは他の3種類に比べてとても体が小さい種類です。動きはとても素早く、見ていて楽しいハムスターです。

性格は、サイズが小さいという事と臆病なの種類なので一緒に遊ぶのは難しく、どちらかと言えば観賞用のハムスターになると思います。

唯一ハムスターの中で、複数で飼う事が出来る種類なのでワサワサ動き回る姿が可愛いらしい種類です。

ハムスター 種類 特徴  まとめ

どうでしたか?お迎えするハムスターは決まりましたか?

実際にペットショップに赴き、実際に自分の目で見て決められることをお勧めしています。

最初の方でも言いましたが、種類は同じハムスターでも、それぞれ性格があり、違うのと、育つ環境によっては性格が変わるので、ロボロフスキーでも人に懐く時もありますし、ジャンガリアンでも懐かない場合もあります。

どの場合でもハムスターの個性を尊重し仲良く一緒に暮らせると良いですね。

それでは、より良いハムスターライフを。

スポンサーリンク



data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク