スポンサーリンク



スポンサーリンク




プロが教えるハムスターを飼う時に気を付けること3選【ハムスター始めて物語】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ハムスターの始めて飼う基本―――。

ハムスターを飼いたいって思ったら、まず購入?

少し待ってね。

その気持ちはわかるけど、ハムスターの知識を少しだけ身に着けよう。

それからでも遅くない。

しっかり知識を身に着けて、ハムスターにより良い空間を

与えられたらって思います。

それでは、早速行ってみましょう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




始めてハムスター飼育  基本的なこと3選

その1 バランスの摂れた食事

食事は、ハムスターにとってとっても大事な要素です。

栄養のバランスが悪いと病気になる原因にもなります。

バランスが採れた食事を心がけると、ハムスターも長生きしてくれますし、

毛の色つやもよくなり、ますます可愛くなりますよ。

ちなみにハムスターの食性は植物性よりの雑食です。

野菜や穀類、果物、動物性のたんぱく質も必要になります。

ハムスターは人気の動物であることもあり、ハムスター用品やフードは充実しています。

市販のハムスターフードのペレットは大抵バランスが採れた良いフードです。

バランスはしっかり取れていますが、人間も何かを食べたい欲求がある通り、ハムスターもなかなかグルメで鉱物があったりといろいろな物を食べたいのです。

好物をしっかり把握するためにも飼い始めは、少しでもいいのでフードよりはおやつとして多種類のものを用意することをお勧めします。

また、そういったものを与えるとただ喜ぶだけでなく、ハムスターもわかるので、飼い主LOVE状態になってしっかり懐いてくれますよ。

手に乗って食べてくれたり、音や匂いでゲージの前に来て手や足をバタバタさせて待っててくれます。

そうなると心配なのはおやつやフードの与えすぎです。

肥満になることもハムスターの健康を損なってしまうので、やりすぎには注意してください。

ハムスターのゲージの掃除

これも人間と同じです。

不潔なところ、汚い部屋にいれば、なんか心落ち着かず、むかむかした気分になります。

ゲージの掃除は必ずしましょう♪

簡単な掃除は毎日行いましょう♪やるところは、トイレや餌場・水飲み場、回し車、汚れた部分一部の床材などぱっと見で少し汚いなって感じるところを簡単でいいので洗いましょう。

大掃除は月に一回やるようにしましょう。

大掃除は、ゲージ全体をくまなく洗いましょう。床材もすべて処分です。

ただ、床材のほんの少し一握り分、トイレのおしっこのついた砂も一つまみくらいは取っておいて、新しくなったゲージのトイレや床に撒いておきましょう。

これは、ハムスターは匂いに敏感で新しいにおいだけになってしまうことで、不安とストレスを感じてしまうからです。

そうならない為に少量のハムスターの匂いを取っておいて新しくしたゲージにおいておきましょう。

ハムスターの運動

ハムスターと言ったら回し車でしょって言うくらい、ハムスターは運動がかかせません。

野生のハムスターは毎日2キロは足りまわって、餌を探し求めているそうですよ。すごいですね。

ハムスターは夜行性で夜活発に動きますが、運動も大切な日課の一つなのでしっかり入れるようにしましょう♪

ゲージが狭かったりすれば、運動不足は必然です。

部屋に出して散歩させるっていうのも考えますが、部屋は何かと危険なものや狭くて手が入らないところもあり、逃げて捕獲できなかったり、または関電ってこともあるかもしれないので、やるときはしっかりした対策を練って行うとよいですね。

まとめ

ハムスターの飼育の初期の段階の大事なことを3つご紹介しました。

これから、ハムスターを飼う時にはじめに知っておきたいことを書いていきますので、ぜひ

これから飼いたいなって思う方はお楽しみにしていてください。

ジモティーで里子を出しました。その時にいろいろ聞かれることが多くて、そのことを記事にまとめようと思いました。

きっとほかにも同じようなことで悩んでいる方も多いと思いますので。

ということで、より良いハムスターライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク