スポンサーリンク



スポンサーリンク




ハムスターの妊娠出産に向けて知っておくべき8つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ハムスター出産・兆候・育児―――。

ハムスターがの子供が成長し2ヶ月経過しました。

もう早いもので、この子たちも出産を行える年月が経ちました。

そこで、ここでは、そんなハムスターの出産について学んでいこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




ハムスターのお見合いから、ペアリングそして出産

ハムスターは生後2か月くらいすると、もう妊娠出産が可能となります。
それから1歳くらいまでが、出産に適した年齢です。
この時期を過ぎても出産はできますが、ハムスターが高齢になってくると、出産のリスクが高まってしまいます。

なので、遅くても1歳6か月くらいまでには、出産してもらうようにしましょう。
ハムスターの発情期は一年中です。

これは、ペットとして、室温が一定に保たれている場合です。

冬でも出産は可能ですが、自宅で飼育していると暖房などの使用で、日中と夜の気温の差が激しいです。
よって春先から秋ごろまでが良いでしょう。

ハムスターの発情の周期

メスのハムスターは4日おきくらいに12~14時間くらい発情します。
この時期を考慮して交尾をさせると良いでしょう。
交尾には1時間前後かかります。

同じケージでお見合いさせる

ハムスターを繁殖させる方法は、同じケージにオスとメスを入れてお見合いをさせます。
できればいきなり同じケージでお見合いさせるのではなく、最初に別々のケージ同士を近づけて、お互いを意識させると良いでしょう。
お見合いをしてすぐ、けんかをすることもあるので注意して観察しましょう。

でも、しばらくして交尾を始めるようであれば、そのまま様子を見ても良いでしょう。
交尾がうまくいくようなら、ハムスターにもよりますが、妊娠期間は2~3週間前後です。

16日前後と言われています。

小さいハムスターほど妊娠期間は長くなります。
また交尾が終わったら、ハムスターはメスのみで、育児をしていくので、オスを別のケージに移すようにしましょう。

刺激を与えないようにする

メスが妊娠すると、徐々にカラダが変化し始めます。
妊娠中はケガをしないように、事前に環境整備をしましょう。

10日前後でお腹が目立ってきますし、乳首もはっきりと出てきます。
また行動や仕草もゆっくりになってきます。
飼い主がハムスターの妊娠の兆候に気づいたら、できるだけハムスターに刺激を与えないように気をつけます。

気になるようなら回し車は外しても構いません。
ハムスターにストレスを与えないようにするのも大切です。

またこの時期は掃除をこまめにする必要はありません。
汚れが目立つようなら、その部分を拭くなどして、キレイにするようにしましょう。

出産前になると落ち着きがなくなる

ハムスターの出産が近づいてきたら、飼い主は準備として、巣箱に床材を多めに入れてフカフカにしてあげます。
ハムスターの出産が近づくと、徐々に落ち着かなくなってきます。

また、お腹の膨らみが目立ってくる時期であり、ケージ内をゆっくり歩き回ることもあります。

気になるからと言って、ハムスターに触らないようにしましょう。
この時期になったら飼い主は、特別手伝うようなことはありません。

お腹も急激に大きくなります。それが出産間近の兆候です

出産間近。母ハムスターは、牧草などで寝床を作り出し、出産に控えます。

あまり動かなくなり、いつも動く時間に動かないな~って気づくと思います。

そうしたら、母の肺のあたりの息遣いを確かめます。

呼吸が大きく肺が大きく動いています。

もうすぐ生まれるためです。

ここは、じっくり見守りましょう。

そうして、おしっこする時と同じような格好をしてきます。

その時、出産の始まりです。

出産はいつごろから始まりやすいの?

出産は夜から朝にかけて行われます。
親のハムスターが自然に出産して、赤ちゃんが元気に産まれてくるのを待ちましょう。
むやみに刺激を与えてストレスをかけないよう、静かに見守りましょう。

栄養をたっぷり与える

妊娠中から出産まで、ハムスターは体力を使います。
そのため十分に栄養を必要とします。
ハムスターの妊娠中は、エサを多めにあげるようにしましょう。
この時期はチーズや煮干しといった動物性のたんぱく質を多めに与えましょう。
ペレットと一緒に与えるのも良いでしょう。
バランス良く栄養を摂取させることが大事です。
また出産が近づいたら、むしろケージ内を触らないほうが良いので、直前に少し多めのエサや水を用意しておくと良いでしょう。

赤ちゃんが産まれてしばらくは母乳で育ちますが、10日を過ぎたあたりから、市販のペレットなども食べるようになります。

5日前後で母乳と離乳食を食べ始めます。いわゆる食糞というやつです。

ハムスターの行動的には、食糞は極普通の事なので、焦らないでください。

その2日後くらいから、これは私のやり方ですが、豆腐を与えています。

水分の補給、栄養価に優れる豆腐で赤ちゃんをすくすく育ちます。

歯もそこまできっちりと生えてるわけではないので、いい具合に豆腐はマッチします。

ハムスターの出産では何匹くらいの赤ちゃんが生まれるのか?

赤ちゃんハムスターの行先を決めるにあたってもこの疑問はとても大切です。
しかし、簡単に述べると生まれてくる赤ちゃんの数は正確には分からないというのが答えです。
それは、母親ハムスターの出産経験、生活環境、栄養・健康状態などによって大きく左右されるからです。
基本的には若い初産の母親ハムスターや高齢出産のハムスターの場合には赤ちゃんの数は少なくなり、肥満や痩せすぎな母親ハムスターの場合も同様です。

しかし、それ以外の様々な影響を受けて、赤ちゃんの数は変化します。
基本的にはゴールデンハムスターなどの大型種で5~10匹前後、ジャンガリアンなどのドワーフ種で3~7匹前後が目安と言えるでしょう。
しかし、それ以上の赤ちゃんハムスターが生まれることももちろんありますので、子ハムスターの行先は多く確保しておきましょう。

出産後のトラブルに気をつける

ハムスターは一度に1匹から数十匹くらい赤ちゃんを産みます。
順調であれば赤ちゃんも元気に育っていきますが、まれにトラブルも見られます。
親のハムスターが、赤ちゃんを食べてしまうケースです。
これには色々な原因がありますが、赤ちゃんハムスターに飼い主が触ることで起こることもあります。
別の臭いがつくことで、自分の赤ちゃんではないと思ってしまうからです。

ただこれは、日ごろからお世話をしていると、飼い主の匂いは記憶しています。

なので、飼い主の匂いだけなら、そこまで赤ちゃんを食べることは少ないでしょう。

ちなみに、スプーンで餌を母ハムスター側までもっていくと、母はそのスプーンを噛みつきます。しっかり、出産までにハムスターとの信頼関係を気づくことがこのスプーンの出来事より学ぶことができます。

ただ、これも100%とは言い切れないので、この時期はむやみにハムスターに触らず、親のハムスターの子育てをの優しく見守るようにしましょう。

また3週間を過ぎれば、子供のハムスターを別々に移すことができます。
またケージを移す時、オスとメスを分けるようにしましょう。

関連記事はこちら

ハムスターの繁殖!妊娠兆候 出産後のあれこれ・出産の知識を身に着けよう

ハムスターの出産『後編』よちよち歩きからちょろちょろへ子供ハムスターの育て方

健康賢いチョイス!今探していたのはこの健康・ハムスターにも健康的な食事をとる方法

ハムスターの出産と育児において関心したエピソード3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク