“TOKYO Girl’sFestival”のLINE@はじめました!
スポンサーリンク



フクロモモンガにサクランボ!プロ直伝サクランボを上げるときの注意点を把握しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



フクロモモンガにサクランボ(さくらんぼ)―――。

フクロモモンガは甘いフルーツが大好き。

いろいろあるフルーツの中で、今回は

サクランボについて語っていこうと思います。

では早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



フクロモモンガにサクランボを与えるときの注意点


一般的に日本のさくらんぼよりアメリカンチェリーの方が甘みが強いようです。

フクロモモンガに与える時は注意が必要な食べ物です。

さくらんぼの実はフクロモモンガは食べることができますが、
さくらんぼの種や未成熟の実を食べると中毒症状を起こすことがあります。
絶対に与えないで下さい。

どうしていけないの?サクランボの成分について知ろう

種や未成熟の実にはアミグダリンと呼ばれる青酸配糖体が含まれており、
同じく含まれているエムルシンなどに分解されて
シアン化水素(青酸の毒)が発生し、中毒症状もしくは動物を死に至らしめます。
(アミグダリンそのものは無毒です)

一般的にスーパーで売られているものに未成熟の実はないとは思いますが
あらかじめ種をとってから与えると安心です。

サクランボは青酸カリ!?

さくらんぼについてですが、飼育書によって分かれている理由ですが、さくらんぼの中の有害物質は種と、まだ熟してない実に含まれているので、熟した果肉は問題ないと考えている人が書いたものにはあげても良いと書かれているのではないでしょうか?

さくらんぼ、杏、梅等は植物として同じ系統ですが、こういった植物には、熟していない実や種の中にシアン化合物が含まれているんです。

シアン化合物の代表格と言えば・・・「青酸カリ」なんかが有名ですね。

青梅なんかは、人間でも危ない位です。
比較的毒性が低くても、少量でも、人間と違って体の小さいモモンガちゃん達には危険だと言う考え方もあります。
千鶴さんの「食べさせてあげたい」と言う気持ちや、フクロモモンガの安全を考える勉強熱心さは、素敵ですね。
長い書き込みになってしまいましたが、参考になれば良いなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク