今が旬の蟹お取り寄せおすすめ店を Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★・・【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。

◯おすすめ度★★★★☆・・【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

◯おすすめ度★★★☆☆・・美味しいカニの通販サイト!浜海道

◯おすすめ度★★★☆☆・・おとりよせランキングNo1【毛ガニむいときました。】

 

ハムスターがゲージを噛む癖!ハムスターがゲージを噛む癖のしつけ方&対処法をプロが教える

スポンサーリンク



ハムスターがゲージを噛む癖―――。

ハムスターを飼っている人のお悩みで上位に立っている多い悩みの一つで、ハムスターがゲージを噛むという問題があります。

このハムスターがゲージを噛んでしまうという問題行動について、なぜ、ゲージを噛むのか?その理由と対策方法、そしてしつけの仕方についてご紹介していきます。

この記事で、お悩み解決できる何かの手助けになれたら、幸いです。

それでは、早速行って見ましょう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



ハムスターがゲージを噛む理由と原因

ゲージを噛んでいるときのハムスターは、なんといっても一生懸命です。ひたすら、そのゲージを噛む続けています。

それを放置していると歯周病などの病気や不正咬合というかみ合わせが悪くなる症状が現れ、くしゃみや鼻水、出血などの怪我を引き起こしてしまいます。

とっても心配ですね。

ハムスターの行動の原点は、『危険かそうでないか』によるものです。

ハムスターの行動は、ハムスター自身にとって、危険があるかないかで判断され、危険ならそれに伴い、危険を回避するための行動を取ります。

金網ゲージで飼っている方も多いと思いますが、金網ゲージは風通しが良いことから、ハムスターの本能を刺激してしまうことがあります。ハムスターは目よりも、他の器官が発達していることから、空気の通りで、建物の構造や敵の位置を確認するのです。

この本能によって、金網のゲージは空気が通り過ぎてしまい、外の様子が気になりすぎることがあります。これが原因の場合は、散歩をする時間を作ってあげ、部屋の安全確認をハムスター自らにさせてあげ、安心してもらうこと、空気の通り道を塞ぐことで、改善できる可能性があります。

もう少し、詳しく原因と対処法を確認していきましょう。

原因は一体何なのでしょうか?
ハムスターがゲージを噛む原因の4つの理由とは

1⃣ストレスを感じている

ストレスが溜まっているとゲージを噛む事があります。

気温や湿度、明るさや広さなどの欲求不満のストレスを発散しているという訳です。

神経質な子は、小さな変化にも敏感な面があり、他のペットの匂いがすることや、お気に入りのご飯が用意されていないなどの原因があり、その子によっても原因は変わってくるので、これを参考にしながら、良く観察してみるとよいでしょう。

2⃣おやつやご飯を要求している

ゲージ越しにおやつなどを与えている場合、飼い主に向かって、ご飯の合図となり、ゲージを噛んでしまうことがあるようです。

ゲージをかじっているときにおやつなどを与えてしまうと、頭の良いゴールデンハムスターなどは、記憶してしまい飼い主におやつを要求して、ゲージを噛んでしまいます。

この場合は、飼い主がいない場合には噛まないことで、確認が取れます。

定点カメラもAmazonでは売っていたりしますので、安価なものを購入してみてみるのもいいかもしれません。3つの方法を試したのちにやるのが望ましいかもです。

3⃣散歩などゲージから出たい欲求がある

ケージから出たい場合も、強行突破しようとゲージを噛みます。

また、縄張り意識の強いハムスターは、ゲージから出て、縄張りを確認したいと思っています。

この場合、部屋んぽなるお部屋離して散歩をしてあげてるハムスターに良くみられる行動で、部屋にマーキングした個所の異常確認のため外に出たがっている可能性があります。

4⃣狭い場所・暗いところ・しっかり屋根のある場所が落ち着きますという本能

ハムスターは本能として、狭い所や薄暗いところ屋根があるようなところが大好きです。

身を隠すのに安全だということが本能的にわかっているようで、隙間や小さな穴を齧って広げて入ろうとします。

また、ハムスターは目よりも鼻が利く動物で、鼻先でわずかな空気の流れがあるとそれを察知して、その先に行こうとゲージを齧ると言うわけです。

ハムスターがゲージを噛むときの対処法 4選

原因があるならば、その対処法を考えなくてはなりませんね。

1⃣ゲージを噛む原因を探る

これが一番大事であり、最初に行いましょう。

ストレスや欲求不満が理由の場合には、根本的に解決するための原因を見つけ出さなくてはなりません。

しっかりと観察をすること、ハムスターの行動の裏には必ず理由があります。

じっくりと原因を探りましょう。

原因対策には、これが第一の方法になります。

2⃣定期的に散歩の時間を作る

ずっと同じ場所にいると、外に出たいと思う気持ちがハムスターにも芽生えてきます。

ゲージを噛む、噛まないに関わらず、一日10分程度でいいので、自由に動き回る時間を作ってあげましょう。

散歩にも注意点があるので、この記事を参考にしてもらえるとありがたいです。

ハムスターの帰巣本能!プロ直伝の安全な散歩/さんぽのさせ方

3⃣ゲージを衣装ケースや水槽に変えて様子をみる

ハムスターの環境を変えてあげることも視野に入れましょう。

短期間だけでも安価な衣装ケースなどの空気の通りがないような物に引っ越しして様子を見てみるのも原因を探る上で必要です。

試しに使ってみるもので、安価なので、衣装ケースがお勧めなのですが、ゴールデンなら70㎝もの、ジャンガリアンなどで、50㎝程の衣装ケースで試してみましょう。

何か変化が起こるかも。

この衣装ケースで試して、原因が解消出来たなら、高価な水槽を買って、鑑賞度を上げるのもいいと思います。

4⃣下敷きなどをゲージに貼る

あまり、ゲージにかける余裕がないとき、応急措置として、下敷きやクリアファイルなどを使い、ゲージの噛み癖のある部分を追おうという方法もあります。

これらは、空気の通り道を塞ぐという使い方をし、ハムスターの本能的な不安を解消してあげることが 目的です。

応急措置的で、根本的には解消されないでしょうから、その後、しっかりと対応をしてあげましょう。

ハムスターのゲージを噛むという癖に直面したら
飼い主さんは冷静に対処法を考える心構えが必要 必要最低限の2つの心構えとは

  1. みてみるふりをしない
  2. いろいろな方法を試してみる

金網の齧りすぎで怒る、『不正咬合』になってしまわないように、じっくり観察をして、対処法を考えることです。

例えば、齧り木などがダメなら、トイレットペーパーの芯やお菓子箱などの噛みやすい紙を上げてみたりして調整してみる。また、最後の方法として、しつけ用の塗り薬を使う方法もあります。ハムスターの体に害のない苦い薬を使って、少しだけ嫌な思いをさせるものです。ハムスターは学習する生き物です。嫌な思いをしたらやらなくなります。その方法をとるやり方ですが、最後の手段にしたいですね。

辞めさせる方法は、それぞれのハムスターの性格などにもより、その子の様子を見ながら、一番の最善策を考えなくてはなりません。

不正咬合を放っておくと、歯が折れたり、根本が炎症を起こしたりして、ご飯が食べられなくなってしますこともありますので、しっかりとした対応を心がけていきましょう。

ご飯が食べられなくなるとどうなるの!?
ハムスターのお腹徹底サポート!食糞と消化器官(消化器官内ガス・胃ガス腸ガス)体の構造をプロが教えます

分からないことがあったら、すぐ相談してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク