“TOKYO Girl’sFestival”のLINE@はじめました!

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40ebc7093l

スポンサーリンク



ハムスターのお迎え準備の方法や必需品!お迎え日当日から一週間にするコミュニケーション法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



ハムスターのお迎え方法ーーー。

2018/9/20追記修正あり

今日は日記調に綴ります。

ハム基地に新しい仲間がやってきたぞ!
この機会にハムスターのお迎えの準備と方法をおさらいしよう!

かわいいハムスターが懐いてくれたら嬉しいですよね!

という事で、早速行ってみよう♬

皆さんは、ジモティというアプリを使ったことはありますか?

このアプリに里親募集というのがあって、
そこで一目惚れしたハムスターを頂いて来ました。

受け渡しの時に一番最初に見た時も思わず出てしまった
『kawaii(๑˃̵ᴗ˂̵)』という言葉。

本当に可愛かったんですw

ということで、
2匹4月7日 やってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



お迎えしたハムスターのー新しい仲間のご紹介ー

家に到着の時の1匹のシルバーロングヘアの・・・まだ名前つけてないんですが、
女の子ちゃん

【追記】2018/9/20

のちに 『うらら』と名づけました。

が、更にのちに 男の子であることが判明しました。

でも、名前は変えずです。

なかなかかわいい(๑˃̵ᴗ˂̵)でしょー?

そして次の日のご飯中の写真で
セーブルバンデットロングヘア♂
こちらも名前つけてないんですが

怖がりな男の子。

写真撮った時も忍び足でやっと撮れた一枚です。

豆腐を食べてました。

でもすぐにハウスに戻ってしまいましたとさ。

こちらものちに昴と名付けました。

この子は最初は怖がりチャンかなって思ったけど、うちの子の中で一番と言っていいくらい、人懐っこいです。

手に乗ってくれる一番乗りでしたよ♪

写真はちょっと怖めだけど、ただ写真映りが悪いだけで、可愛いくてたまらないです。

珍しい品種のロングヘアの子です。

ロングヘアは飼育者がハサミなどで毛を切って整える必要があるんです。

夏も毛が多い分暑いのが苦手ですね。

ハムスターのお迎え〜初日から一週間まで

お迎え方法今度記事にしますが、

ペットショップからのお迎えとなんら変わりはないです。

最初は触らないこと。

触るなら必要最低限の事のみにした方がいいです。

ハムスターを迎える為の注意点を把握しよう

【追記】2018/9/20

2.ハムスターをゲージに入れる前にハムスター用のフードとお水をセットしておく

途中で不足しない充分な量のフードと水を準備してああげましょう。

フードの量は2~3g程度で十分です。

ハムスターは、自分で貯蔵して調整して食べるので、多少多くあげても問題ありません。

足りないよりは全然いいです。食べる物がない場所と認知されてしまうと、居心地の良いところに移動しようとしてしまうでしょう。

このお迎えの時に大事なことは、フードを切らさないという事です。

落ち着いた環境で過ごせると判断してもらいましょう。

水に関しては、水ボトルいっぱいの量をあげれば十分です。

そして、フードと水をあげたら、そのあとはケージの上から布などをかけてそっとしておいてあげましょう。

この時、フードをお皿などに入れるときは、なるべくスプーンを使わずにスプーンですくって手に似せて軽く揉む様に自分の手の匂いをフードにつけましょう。強く揉む必要はありません。ハムスターは嗅覚が優れているので、少しでも嗅ぎ分けられます。

その飼い主の匂いのしたフードを嗅ぐ事で、匂いを覚えてくれる様になってきますよ。

こんな美味しい食べ物をくれるこの匂いの人って誰だろうって。そうすれば良い飼い主さんだってハムスターも安心して懐いてくれますよ。

2.とにかくほっといてあげる

ハムスターをお迎えしたら『そっとしておいてあげる』ということです。

家にハムスターが到着したら、まずはすぐにケージに入れて、連れてきた時にハムスターと一緒だった入っていた箱や床材やしてるかもしれない糞などもそのまま一緒にゲージに入れてあげます。

ハムスターは自分のニオイがないと落ち着けない動物です。

新しいケージにそういったものを入れる理由は、第一に『安心』させる為です。

それまで一緒だった床材等を一緒にゲージにに入れてあげることで、ストレスが少し軽減できます。

ゲージに入ったハムスターハムスターがまずする行動は、匂いを嗅ぎまわります。

隅から隅まで念入りに嗅ぎます。その環境がまだ慣れていないので、敵などがいないかと、また、落ち着ける場所あるかなって見て回っています。

この時無理に触ろうとするのはやめましょう。我慢です。

無理に触ろうとするのは多大なストレスになるので禁物で、今後のスキンシップにおいても良いコミュニケーションをとることが出来ず、この匂いのものは、危険なものだと認知されてしまうとハムスターは、頑なになれることをせず、物音がしただけで、ハウスに隠れてしまう様になります。

今後、お迎えしたハムスターと仲良くなるためにも、初日から一週間は出来るだけ、静かにハムスターの落ち着ける環境を整えてあげることを第一に考えてみましょう。

3.おうちに来る以前と同じ生活ができるように配慮しよう

ハムスターは環境の変化にとても弱く、新しいゲージには大きなストレスがかかります。

環境の変化は体調不良の原因になるので、フードや寝る時間などの生活スタイルは、なるべく以前に近い環境に整えてあげます。

ペットショップで購入する場合は、店員さんに生活スタイルを聞いておきます。

里親募集や友人等からもらった場合は、元の飼い主さんに生活スタイルを聞いておきましょう。

また、フードには何を使っていたかもしっかり聞いておく様にしましょう♬

ハムスターお迎え初期の注意点  まとめ

ハムスターも人間と同じで、人懐っこい子と人見知りする子がいるので、 その子のペースで仲良くなりましょう。

根気よく続ければ、必ず懐いてくれるようになります。

ちなみに、お皿に置いてあげたおやつですが、翌日になっても食べていない場合があります。

それは、そのおやつが好きじゃないだけの可能性があります。

飼い主さんが好きとか嫌いとか、そういったことは関係なく、嫌いなものは食べたくないんですね。

ダメなときは違うおやつで再チャレンジしてみましょう。

手からおやつを貰うことに慣れてきたハムスター

飼い主さんの手が“美味しいものをくれる優しい手”であることも覚えてくれたことでしょう。

飼い主さんはハムスターからみて安全な存在であると認めて貰えました!

お迎え日当日から根気よく何もしない(フードや水やり)ことに徹してくれたと思います。

手を入れて、水換えやフードを変えたりしていると、ハムスターも好奇心で近づいてきてくれた事でしょう。

そいういう時に、ハムスターが大好きなおやつを持ってちょっとゆっくりと口元へ持って行って見ましょう。

そうすると、匂いを嗅いで、「パック」っておやつを手から食べてくれますよ。

すごく私自身も感動したのを覚えています。

ここからハムスターとさらに仲良くなってくると、自分から飼い主さんの手に乗りたがるかわいい仕草を見せてくれるようになりますよ。

壁際で手を振っていたりします。Kawiiです。

ハムスターはちゃんと自分で考えて動く動物ですので、何事もハムスターのペースに合わせて進めてあげる必要があります。

慣れるのが早い子も遅い子もいるけど、すべてはハムスターのペースに任せよう。

逆に、飼い主さん大好き!早く抱っこして!という好奇心旺盛で人懐っこいタイプの子を、

まだ1週間経っていないからと構ってあげない。

というのも、ストレスになってしまいますね。この判断も難しいですが、何より日頃の観察が一番で、どんなこと考えてるのかなって思いながら、接していると、ハムスターの気持ちが少しずつわかってきますよ。

今回のハムスターは、ペットショップではなくて、個人からの頂き物です。

飼い主さんがしっかり愛情込めて飼っていたハムスターなので、

しっかりと考えないといけないと思います。

時間をかけてゆっくりと慣らさないと、

僕の匂いが危険だと思われてしまうね。

1週間から10日は弄らないように気をつけますね〜

ハムスターがハウスから顔を出して、見つめてくる姿、毛づくろいする姿や二本足で立っている姿 ご飯を手に持って食べている姿は本当に愛らしいです。 慣れてくると、声や音を聞くだけで「エサをちょうだい」「お散歩に行きたいからケージから出して」と一生懸命アピールしてくるようになります。 頬袋いっぱいにエサを詰めてハウスへ帰ろうとし、入口に顔がつっかえてしまう。 そんなユニークな姿を見せてくれるハムスターと長く付き合えるよう、丁寧にお世話をしてあげてくださいね。 そんな可愛らしいハムスターの飼い方について早速見て行きましょう♬

この記事もおさらいして。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク