“TOKYO Girl’sFestival”のLINE@はじめました!
スポンサーリンク



おやつ情報盛り沢山!ハムスターも健康的な食事を取り長生きする8つのコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



ハムスターの健康チョイス―――。

毎日の健康を考える時に、まず第一に改善点として思い浮かぶものはどんな点でしょうか?
私たちの生活を思い返してみても、やはり毎日の食事が一番の重要ポイントであるはずです。
ハムスターたちにとっても健康で長生きしてもらうためには、やはり良い食習慣が大切です。
そこで今回は、ハムスター飼育には欠かせないバランス食「ペレット」と「おやつ」に注目して、その選び方のポイントやおススメの種類、ペレットを食べない時の対処法などをご紹介します。
ハムスターのおやつについて徹底的にご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



健康は不安がいっぱい!ハムスターに主食とおやつをバランスよく与える8つの掟

…ペレットとは?

ハムスターの食事といえば、まず思い浮かぶのが定番のヒマワリの種かもしれません。
たしかにヒマワリの種はハムスターの多くが好むエサではありますが、植物の種子であるため脂肪分が多く、肥満傾向になりやすいため主食には適していません。

では、新鮮なお野菜はいかがでしょうか?

レタスやキャベツなどの野菜も嗜好性が高く、多くのハムスターが喜んで食べてくれるエサです。
新鮮な野菜を与えることで水分を摂取することもでき、適度な量を与えることで健康を維持しやすくもなるでしょう。
しかし、乾燥した地域にもともと住んでいるハムスターにとって、生野菜を多く食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまい、体調を崩す原因ともなりかねません。
やはり、生の野菜もハムスターの主食には適してはいないのです。

では、どんなエサを主食に与えたらよいのでしょうか?

そんな悩みに応えてくれるのが、ハムスター用の「ペレット」なのです。

簡単に言えば、ペレットとはハムスターに必要な栄養素をバランス良く含み、適度な硬さに固めたバランス栄養食です。
この「ペレット」という表現はハムスターに限らず、犬や猫、他の小動物用のエサとしても同じように様々な食品を混ぜ合わせて固めた製品に用いられる名称です。

ペレットを使用する利点としては…

① ハムスターに必要な栄養素がバランス良く含まれている
② 固さがあるため、ハムスターの歯の伸び過ぎを自然に防いでくれる
③ 乾燥しており、保存期間が長いため管理しやすい

等の点が挙げられます。

つまり、ペレットはハムスター飼育には欠かせない必須アイテムなのです。

主食のペレットを食べてくれない?そんな困った時の対処法

良いことだらけのように感じるペレットですが、いざハムスターに与えてみると

けっこう「食べてくれない…」というお悩みが多いのも事実です。
ハムスターがペレットを食べてくれない原因にはどんな理由が考えられるでしょうか?

ハムスターがペレットを食べない原因とは?

ハムスターにとっては、ペレットは若干味気なく感じる主食の、例えるなら玄米のようなもの。
栄養は確かに豊富だけど、そんなに嗜好性は高くないというイメージの食べ物なのです。
そのため、ペットショップからお家へ来た時からミックスフードや果物、ナッツ類に慣れてしまったハムスターが、いきなり健康のためにとペレットを与えられても、すぐには食べてくれないというわけです。
また、ペレットを与え始めても嗜好性の高い別のエサも併用して与えていると、そちらのエサだけでお腹を満たしてしまい、結局あまり美味しく感じないペレットには見向きもしてくれないということもよく見られます。
また、ハムスターによっては、病気のために歯が弱くペレットを齧ることができなかったり、ペレットの大きさや固さによって好みが分かれたりする子もいます。

ペレットを食べてくれない時の対処法とは?

まず重要なのは、小さいころからペレットが主食であるという意識を持ってもらうように努力することです。
そのためには、ハムスターをペットショップから購入してきたら、年齢の若いうちからペレットを継続的に与えることが大切です。
最初は手からエサを食べたり、エサを食べる姿を見たかったりして、嗜好性の高いヒマワリの種や果物を与えたくなりますが、ここは心を鬼にして健康のためにペレットにまず慣れさせることを目標にしましょう。

私たちもそうですが、年齢を重ねると食習慣を変えるのがより難しくなってしまいます。
また、これまで与えていたミックスフードなどからペレットを主食に変更する場合には、一旦ペレットのみを与えるようにしてみてください。
ハムスターがペレットを食べてくれないと心配になると思いますが、数日間粘ってみましょう。
ハムスターもお腹が減れば、ペレットに手をつけるようになりエサであることをしっかりと認識してくれるはずです。

長生きできるハムスターのおやつの与え方。

ハムスターのおやつは、あくまで副食

ハムスターのおやつは、原則としてナッツ類、それも調理してない生の種子が適しています。
市販のアーモンド、あるいはナッツ類は、実はその多くが油や調理で味が付けられている物が多いです。
特にピーナッツなどの脂質が多く、調理されたものはハムスターのおやつには適していません。
小動物を飼う時は、原則「おやつは副食」であることを覚えておくべきですね。
様々なメーカーから「ハムスターのおやつ」として市販されてますが、多くは食いつきが良いような原材料をつかっています。
そういった市販のハムスターのおやつと主食であるカリカリの餌、ペレットを与えていると、やがて主食を食べなくなり、おやつばかり餌入れら減るようになるので、出来れば、普段の餌とおやつは完全に分けて与えてください。

おやつを与えるときの注意点

ハムスターの食事時間は、夜間も昼も多いのですが、巣穴で暮らす動物なので、暗がりの視界はハムスターはかなり良いのです。
真っ暗の室内でも、ハムスター・ホイールで、ハムスターたちはよく遊びます。ですが、最もよく餌を食べるのは、その日一番に与える新鮮な餌です。
水も餌も、早朝や夕方が最も多く食べるので、日頃から、朝と夕方、あるいは朝と夜間には餌を新しいものに取り替えてください。
また、おやつを与えている場合は、主食をやや減らすほうが好ましいです。
ハムスターは自分で非常に活動的に動き回りますが、ハムスターのケージは限られた大きさで、ほとんどの家庭で高さが低いので、主食とおやつを合わせた分量は、主食だけの場合で同じ分量に統一してください。
煮干しを与えるときの注意点
ハムスターのおやつにちょうど良いのは、煮干しなどです。これは調理していない動物性タンパク源で、ハムスターの体調管理、歯の伸びすぎを防ぎます。
ただし、どうしても塩分が多いので、小さい煮干し、大きさでは最も小さい煮出し用か、無調理の煮干しのおやつなどを、1匹に一本与えると良いです。
これは、毎日1本だけなら与えても大丈夫です。
あまり良くないのは果物類で、ドワーフ系はもちろん、ゴールデン・ハムスターなどは下痢をし易いので注意が必要です。
もっとも一つも与えなくとも、ハムスターの健康には、市販の「ハムスターの主食」と水さえあれば、健康を害することはありません。

豊富なおやつ迷う!ペットショップのおやつどれを選ぶか迷ったら・・

本当にペットショップでは、ハムスターの食欲旺盛さを期待してか、おやつの種類は豊富です。
煮干しと炒ったピーナッツの無添加おやつとか、ドライフルーツをメインとしたおやつなどもあります。
また今ではあまり見られなくなりましたが、昔はハムスターには、「ひまわりの種」というのが一般的でした。
ハムスターの好みもひまわりの種は大好物で、両手で可愛く抱えて、器用に皮を剥いで中身を食べてくれます。
ただ、ひまわりの種もまた、ひまわり油があるほど油分が豊富ですので、こればっかり与えていると、ゴールデン・ハムスターの場合などは、皮下脂肪が分厚くなります。
もちろん、その方が寒さに弱いゴールデン・ハムスターやキンクマは都合が良いのですが、運動をあまりしなくなるので、やはり適度におやつとして与える程度にとどめた方が良いですね。
”殻付き”が一番良い
おやつの選び方は、やはり種子類を中心に「殻付き」でハムスターが手に持てる大きさが一番良いです。それとある程度の硬さがあることですね。
主食で市販される餌の中には、キチンと硬さ調整をして、ハムスターの歯に合わせたものが売られていますが、中には手で砕けるほど、質が柔らかい餌があります。
ハムスターが”ガリガリ”物をかじるのは、ストレスから来ることも多いので、固い餌やおやつのほうが良いです。
市販のおやつにはクッキータイプや着色料で色鮮やかなものがありますが、基本はリスなどの餌と同じで、「固くて小さい、噛みごたえのある餌」が大好物です。
自然乾燥、急速ドライのドライフルーツであじつけしていないものでも、丸ごとは与えず、半分以下に割って、ハムスターが両手で食べるように小さくして与える方が、食べる量を調節してあげられます。
ミックスナッツなどは、人が食べるものは調味料が入ってますので、与える場合でも「リス・ハムスター用」と書かれた無添加のおやつを与えるようにしましょう。

ハムスターの 健康嗜好品 まとめ

私たちが健康を維持するためにいろいろな食べ物をバランスよく食べなければならないのと同じように、ハムスターも同じエサばかりでは栄養も偏りますし、味も飽きてしまいます。
その点をペレット以外のおやつは栄養を補ってくれる大切な食べ物と言えるでしょう。
ハムスターの好みも考えながら、バランスのよい食事を心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク