スポンサーリンク



スポンサーリンク




ハムスターにきゅうり!キュウリを上げるときの注意点を把握しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ハムスターにきゅうり(胡瓜/キュウリ)―――。

キュウリは、モロキュウ、オイキムチ、酢の物、ヌカ漬けとお酒の肴には最高の食材ですね。

僕は、キュウリの一本漬けが好きで夏場にはよく買って食べます。

その他夏場に大活躍してくれる野菜のきゅうりを見ていきましょう🎶

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




ハムスターの食事としてのキュウリは黄信号??上げ方と注意点を把握しよう

食べられないわけではないけれど、与え方によっては危険な食材となります。

きゅうりにはビタミンCを壊すアスコルビナーゼという酵素が含まれていますし、何より水分が多いので
大量に与えると、下痢などハムスターの体調不良につながります!
なので、積極的に与えたい食材ではありませんね。

レタス・白菜・もやしなどと並んで野菜の中では水分含有量の多い部類。

さらにこの水分量の多い野菜達、栄養価がとっても低いのです。

食べても水分しか補給できていないといってもいいかもしれません。

給水器設置してあるなら与える必要はありません。

夏場は半日でダメになるのでエサ皿に用意するべき野菜ではありません。

特別に水分を補給しなくてはならない事情がある時に、手渡して少量与えることがある程度の野菜です。

キュウリはそんなリスク追ってまで与えるメリットのある野菜なの?

きゅうりの持つ成分とは・・

キュウリに含まれるアスコルビナーゼは
一緒に摂取した他の食べ物のビタミンCを破壊してしまいます。

ニンジン、キャベツ、かぼちゃ、リンゴやバナナにも含まれているようなので
お野菜はキュウリとニンジン、デザートにイチゴやキウイなんて組み合わせは
食事の内容としては最悪な組み合わせになります。

きゅうりを与える場合の適量は?

あまり積極的に与えたい食材ではありませんが、
もしどうしてもあげたいのであれば、薄い輪切り半分程度、1枚を目安にしましょう!
与えるタイミングは、餌に影響しないように
おやつとして2~3日に1回与えるのがいいでしょう。
水分でお腹がいっぱいにならないようにするためです!

ハムスターにきゅうりを!上げる際の注意点を把握しよう  まとめ

このように見ていくと、きゅうりはハムスターの餌としてあげるにはあまり向いていない食材だとわかりますね
しっかり栄養をとるためには、きゅうりではなく、
少量でもしっかり栄養がとれるペレットタイプの餌がいいですね!

ただ、病気などで弱ってしまったハムスターの為の水分補給には向いているかもしれません。

使用用途・容量を守ってあげていこう。

ではまとめ

  1. きゅうりは栄養価が少なく、ほとんど水分なので餌には向いていない
  2. 中毒を起こすような危険な食材ではない(食べても大丈夫)
  3. 豊富な水分により下痢になる可能性があるので、
  4. 与える場合はおやつとして少量にする
  5. 水を飲まなくなったときの水分補給として、介護食の1つになる

といった感じです。

ハムスターの寿命は短いです。
短いからこそ、ハムスターにとってよりよい生活ができるよう、
楽しい時を一緒に1日でも長く過ごせるよう、
いろいろ調べ、考えて、愛情をもってお世話をしましょう!

それでは、より良いハムスターライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク