今が旬の蟹お取り寄せおすすめ店を Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★・・【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。

◯おすすめ度★★★★☆・・【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

◯おすすめ度★★★☆☆・・美味しいカニの通販サイト!浜海道

◯おすすめ度★★★☆☆・・おとりよせランキングNo1【毛ガニむいときました。】

 

ハムスターのおやつにジャガイモ!プロが教えるじゃがいもを与えるときの注意点を把握しよう

スポンサーリンク



ハムスターとじゃがいも(ジャガイモ)―――。

ハムスター用のおやつにも入っている食材ですが、

与えるには、注意が必要な食材です。

ジャガイモは糖質は高いですが、特に栄養の高い野菜ではありません。

そんなジャガイモですが、ハムスターにとってジャガイモは食べさせて良いの?

という疑問にお答えしていきます。

それでは、早速見ていきましょう🎶

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



ハムスターのおやつにジャガイモを!与えるときの注意点と栄養

じゃがいもは、食べさせてもあまりメリットのない食べ物で、さらに中毒に至る有害成分をしっかりお持ちです。

ジャガイモの葉・芽・緑化した皮にはソラニンと呼ばれる中毒成分があります。

ソラニンには、運動中枢神経を麻痺させる作用があり、下痢・嘔吐から重症例では人間ですら死に至ります。

実が腐ってカビが生えてくると別にセプシンと呼ばれる中毒物質まで発生します。
長期間保存したジャガイモの調理には注意が必要です。
ソラニン自体は加熱しても毒性が変わりませんので
芽をとらずに加熱調理しても食中毒の危険性があります。

ハムスターにじゃがいもを与えるときには、葉・芽・皮に要注意!

ちなみにソラニンはナス科の植物に含まれているので、ピーマン・ナス・トマトの葉・へた・茎や未成熟の実などにも含まれていることになります。
ジャガイモほどの毒性はないらしいのですが、わざわざ与えるものでもないように思えます。

生のジャガイモにはプロテアーゼ阻害物質と呼ばれるタンパク質の消化吸収を邪魔する物質が多く含まれており、
消化不良から下痢を起こす恐れがあります。

ジャガイモの実には有害成分が少ないとはいえ、万が一与えるのであれば必ず茹でた方が安心です。

じゃがいもを与える場合はゆでた真ん中を

じゃがいもの芽に毒があることは、よく知られていますよね。

調理実習などで、芽を取り除くように教えられた人も多いのではないでしょうか。じゃがいもの芽、そして葉や茎さらに皮には、ソラニンという毒性の強い成分が含まれています。

特に芽の部分では、人間をも死に至らせるほどの猛毒が発生します。じゃがいもの皮は厚めにむいた方が良いとされるのも、この成分があるからです。身体の小さなハムスターに食べさせる場合には、これらの部位について細心の注意が必要です。ハムスターに与えるのであれば、ゆでたじゃがいもの真ん中のあたりが安全ですが、特にじゃがいもを食べさせる必要はないことも覚えておきましょう。

じゃがいもの恐ろしい中毒症状

じゃがいもに含まれているソラニンの中毒症状とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。人間にあらわれる症状としては、次のようなものが挙げられます。
* 頭痛
* 下痢
* おう吐
* 腹痛
* めまい
症状を訴えられない動物たちの場合も、動きが悪くなったり、下痢やおう吐が見られます。

ハムスターにじゃがいもを食べさせるときは

じゃがいもは腹持ちが良く、胃の小さなハムスターは、主食のペレットを食べなくなる可能性もあります。
心配な成分も多いので、あえてじゃがいもをハムスターに食べさせる意味はありません。
それでも新鮮なじゃがいもがたくさん手に入り、飼い主さんがゆでて食べるといった場合、十分安全な部分をほんのひとかけらあげる程度であれば問題はないでしょう。
ソラニンの他にも、古くなったじゃがいもに生えるカビには、中毒症状をひきおこすセプシンが発生します。

じゃがいもは熱への耐性があるビタミンCが多く含まれている、健康食材でもあります。
しかしハムスターに与える食物としては、適当であるとはいえません。

ビタミン類は他の野菜や果物でも安全に補うことが可能です。
ハムスターの食べ物としては推奨されない
じゃがいもは、人間にとってはなくてはならない食材ですが、ハムスターにとってはそうではありません。でも飼い主から与えられれば、ハムスターは嬉しそうに食べてしまいます。

ハムスターの為に危険性を良く知った上で、安全な食となるよう判断をしてあげてくださいね。

それでは、より良いハムスターライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク