スポンサーリンク



スポンサーリンク




特選!おすすめ!飼いやすくて可愛い小動物/ペット モルモットのご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




おすすめ小動物/モルモット―――。

動物園 のふれあい所などで多く見られるモルモット。
たくさん群れていて、子供たちで賑わっていますよね。

休みの度に家族で動物園に行くのもいいですが、モルモットは家でも飼いやすい動物なので、普段から家でモルモットと一緒に過ごすことが出来ます。

そんな可愛いモルモットが家にいたらうれしいですよね。

今回は可愛い、飼いたいペット モルモットをご紹介。

それでは早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




可愛い、飼いたいペット/小動物編 ④モルモット

群れで暮らす習性のあるモルモット。

一匹で飼うこともでき、一匹の分飼い主さんや家族と群れの様に過ごしたりと親密度は上がります。

隅っこに集まったり密集していたり、冬場は暖かそうで可愛らしいですが、夏場は暑そうですよね。

モルモットを家で飼った時のメリットとデメリットをご紹介します。

可愛い、飼いたいペット モルモットを飼う上でのメリットをご紹介

  1. 動物園ねだりが減る
  2. 兄弟や家族のような接し方をする
  3. 工夫次第で遊びの幅が広がる
  4. 共感性が高い

動物が好きな子供にとっては、動物園などでふれあいに行くのは楽しみですよね。
しかし、毎週の休みの度に行っていては時間とお金、移動など不便なことも出てくるでしょう。

モルモットを家で飼うことができれば動物園に行く時間や費用が減ったり、いつでも触れ合うことが出来たり、より身近になる分、子供の生き物の触れ合いを学ぶこととしてもオススメです。
群れで生活しているため、飼い主とペットという感覚よりは、同じ家で暮らす仲間や家族のような接し方をしてきます。
ペットとしてというよりも、家族の一員として迎えてあげてください。

また、モルモットは習性が多い動物です。
群れで暮らしていて、個々で別々の行動を取ると群れの意味をなさなくなるので、より習性が強く出る傾向にあります。

前を行く仲間についていったり、隅っこや狭いところを好んだり、仲間と密集して並ぶ時は頭とお尻が交互になるようにするなど、外敵から身を守る術に長けています。
そんな習性を利用したおもちゃや遊具を作ってあげると、モルモットも楽しんで遊ぶことができるでしょう。

可愛い、飼いたいペット モルモットを飼う上でのデメリットをご紹介

  1. 鳴き声が気になる
  2. 習慣で生きている

デメリットとしては、他の小動物に比べて鳴き声が大きいことです。
近所迷惑になるほどではありませんが、群れで暮らす習性から警戒音やコミュニケーションのために鳴いたりすることがあります。
滅多に鳴くことはないモルモットですが、初めて聞く人はその小さい体に似合わず大きな声を出すということもあり驚く人が多いです。

習性で生きている動物なので、モルモットを自分の生活スタイルに合わせることは難しいです。
決まった習慣があったり、ご飯の時間など規則正しく生活していたりするので、不規則な仕事をしている人や生活スタイルを変えたくない人にはあまり向かないでしょう。

【モルモットのオススメ度】

飼いやすさ:★★★☆☆
懐きやすさ:★★★★★
人気:★★★★☆
寿命:★★★☆☆
価格:★★★★★

【モルモットの基本データ】

大きさ:20〜25cmほど
色:白、黒、三毛、茶色、ベージュなど
値段:5,000円ほど
寿命:4〜8年ほど

カラーバリエーションが豊富だったり習性があるため、個性が見えにくく選ぶ時に迷ってしまいますが、自分のお気に入りの子を探してみてください。

モルモットの種類や飼育方法に関しては、今後記事に詳しく記載をして行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク