スポンサーリンク



スポンサーリンク




プロ直伝のハムスターの四季に合わせた環境作り!季節の変わり目の毛のお手入れ方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ハムスターの環境作り&毛のお手入れーーー。

ハムスターのお世話をしていると、抜け毛が気になる事があると思います。

ハムスターも季節によって毛が生え変わるんです。

今日は四季のある日本において、ハムスターの環境変化による飼育環境の作り方、そして
ハムスターの毛の生え変わりについて勉強していこう!

今回は春夏編です。

それでは早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




季節ごとのハムスターに合った飼育環境の作り方

日本には春夏秋冬があり季節毎に温度や湿度も変化するので、
気温が変化する四季に合わせて、ハムスターの飼育環境を整えてあげる必要があります。

 ハムスターの季節ごとの飼育環境を考える

春はハムスターにとって最適な季節

3月~5月の春は、気候も温暖でハムスターにとって一番過ごしやすい季節です。
湿度も高く無く、気温も安定しているので安心してハムスターを飼育出来ます。
ただ、春先の朝方や夜中はまだまだ冷え込む事もあるので室温に注意する必要があります。

朝晩の温度差が出やすい季節なので、気温が暖かくなってきたと油断して、床材の量を減らし過ぎてしまわないように注意が必要です。

夏はハムスターの体力低下に注意が必要な季節

6月~8月の夏は、ハムスターの苦手とする梅雨があり、梅雨が明けると一気に気温が高くなっていく季節です。

ハムスターにとってジメジメとした湿度が高い季節はとても苦手です。
特に梅雨時期などは、湿度も高くなり体調も崩しやすいです。
また、真夏時もケージ内に熱気がこもりやすい状態だと熱射病になったりもします。

ケージを風通しのいい場所に設置しておかないと、熱がこもって思っていた以上に温度が高くなってしまいますので注意が必要です。

季節によってハムスターも毛が生え変わるの?

ストレスが原因で色が変わる事や毛が抜けるという事もありのですが、今回は、季節において毛がどう生え変わるのかを考えていこうと思います。

ハムスターの毛は主に春と秋の年2回、冬毛から夏毛へ、また夏毛から冬毛へと変化する。

時期や期間は個体によって異なりますが、、ほぼ全身の毛が生え変わるようです。

通常、ハムスターの換毛の期間は、1週間ほど。

見た目が変わらない種類が多く、生え変わったことに気づかないことがことも。

長毛のハムスターを飼っている方は、夏になる前に、暑さ対策も必要ですねー。

換毛期にはブラッシングをまめに行うと良いでしょう。

健康的な生え変わりの抜け毛で地肌が見える事はありません。

地肌が見える程に毛が抜けてしまっている時は心配ですね。

毛繕いもして毛並みを整えるので、地肌が見えるのは余程だと思います。

地肌が見えている部分にも注目しましょう。

原因の分からない抜け毛には注意してあげましょうね。

ハムスターの季節ごとの環境について考える まとめ

常に室温には目を配らせて、15~25℃を保つようにする必要があります。

また、温度が高くなるので衛生面にも気を配らないといけないです。
飲み水は、1日2回は交換して新鮮な状態を保つ必要があります。

食べかけのご飯も腐ったりしないように、適宜処分していく必要があります。
ハムスターの住処であるケージを置く場所にも工夫が必要です。

風通しのいい場所にケージを設置して湿度を下げた方がいいですが、どうしても風通しのいい場所にケージを設置出来ないのならば、部屋自体をエアコンで温度調節してしまう方法もあります。

直接エアコンの風が当たらない工夫も必要ですよ〜

この記事も合わせて読んでみよう♬

夏の暑さ対策!プロが教えるハムスターを夏に飼う注意点を把握しよう
http://xn--q9jp7e755m34zmtw.net/post-867/

それではより良いハムスターライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク