スポンサーリンク



スポンサーリンク




ハムスターの発情!プロ直伝のハムスターの繁殖の周期について理解を深めよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ハムスターの発情‐ロードシス―――。

ハムスターの発情期の行動にはどのようなものがあるのか?

ハムスターは小動物でありますが、繁殖能力もあり、その能力は高いとされています。

ハムスターの繁殖の発情期の行動にはどのようなものがあるのか知りたいですよね?

それでは早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク




ハムスターの繁殖!プロ直伝の繁殖について理解を深めよう

きっとこの記事を目にしている方は、ハムスターの子供が見てみたいって思っていることでしょう。なので

ハムスターの発情期の特徴をここでしっかりと理解することが必要です。

ハムスターは繁殖能力が高い生き物です。

保温設備があると一年を通して繁殖が可能です。

ですが、いくら繁殖能力が高いからといえ、いつでも妊娠できるという訳ではなく、発情期でなければ妊娠は成立しません。

メスのハムスターの繁殖周期は、大体4日とされています。

4日に一度発情し、排卵しています。同じサイクルで発情期も訪れます。

発情している時間も約12~20時間あります。

また若いハムスターは繁殖には向いていないとされています。

生後1か月~2か月で性成熟する生き物ではありますが、あまり早いと、育児放棄などを起こすこともあります。

また暑い気候に弱いので、繁殖させる場合には出来れば春や秋などの過ごしやすい時期の繁殖がベストとされています。

ハムスターの発情期の行動

オスもメスも落ち着きがなくなる・・そわそわしてゲージの中を動き回ったりしている時には発情期の行動の可能性があります。

気性が荒くなるので、時として手を入れたときに噛んでくることもあります。

甘噛みです。

オスは、生後2~3カ月ほどになると、臭腺から液を出し、縄張りに『マーキング』します。

自分の匂いを付けて、雌に自分の存在を知らせます。

ハムスターの歩き方がおかしくて、コケたように歩くときがあり、その時壁に自分の匂いを付けているようです。

メスは、排卵が起こり、しばらくするとドロッとした分泌液を膣口に確認できます。

出始めだと、白い液状のものが付いているのが分かります。

また、匂いもかなりするので、分かると思います。

ドリアンのような、アーモンド臭のような感じです。

メスは4日周期ですが、オスは発情に周期が特にありませんので、性成熟すればいつでも子どもを作る事が可能になります。

 ロードシスとは、メスが交尾の体勢をするポーズのことです。メスがオスより先に発情して臭腺などからフェロモンを分泌します。メスの発情に釣られるようにオスも発情します。お互い超音波でも交流しています。ゴールデンハムスターの場合は、メスに興味を示したオスが臭腺のあるメスの脇腹にタッチし、メスのロードシスを促します。臭腺はゴールデンハムスターは両脇腹、ジャンガリアンハムスターはお腹にあります。メスがするロードシスのポーズは、メスがオスに対して足を突っ張るようにして、尾を直角にあげ、お尻を持ち上げる交尾のポーズです。

発情の時のまとめ

分泌液が出る・・メスは発情期になると分泌液を出します。フェロモンの働きをしていると考えられており、かなりベタベタとして臭いがあります。
マーキングを行う・・縄張り意識のある動物なので、普段からマーキングしている事もありますが、発情期になると更にマーキングする行動が強くなります。
ロードシスを行う・・ロードシスとは共寝が出来る体制をとる事です。しっぽをピンと立てて、お尻を出してじっとしている行動がロードシスです。発情期にメスが行う行動になります。

臭いを嗅ぎ合う・・共寝の優先権は常にメスの方が持っているので、メスの発情に伴い、オスが発情するような形で繁殖します。
お互いの臭いを嗅ぎ合う事で共寝を行うかどうか確かめている事にもなります。

妊娠したメスの特徴

発情の時と同じように、妊娠したメスは気性が荒くなります。

これは子どもを守ろうとする母性本能が強く働くためなので、飼い主はなるべくそっとしておいてあげることが大切です。

妊娠してから10日くらいからお腹も大きくなってくるので、歩くときにもたもたしている感じになります。

出産に近づくにつれてお腹は更に大きくなります。

乳頭も赤くなっていきます。

想像妊娠

ハムスターのメスは共寝のあとに特有のホルモンが分泌されます。

これを黄体ホルモンと言います。

想像妊娠の場合もこのホルモンによって、妊娠した時と同じような体の変化を見せる場合があります。

ハムスターの想像妊娠は12日ほどで黄体ホルモンが薄れていき、体も普通の時に戻っていき終わります。

ハムスターの繁殖行動  まとめ

繁殖能力も高く、メスは発情の周期も短いですが、妊娠にはタイミングがあります。

オスとの相性もありますし、出産に関してはメスの体に負担もかかります。

飼い主が繁殖を希望する場合にはきちんと先の飼育環境などを検討して、繁殖を行う事をお勧めします。

ハムスターを自宅で繁殖させたい人もいるでしょう。なので、ハムスターの出産の知識を身につけようのコーナーです。母親ハムスターが妊娠してから出産に至るまでの短い期間、どのようなお世話をしてあげればよいのでしょうか? 人間のお母さんと同じく、母親ハムスターも出産・その後の育児にとてもたくさんのエネルギーを使います。 そのため、母親ハムスターは妊娠期間中にたくさんの栄養を取り入れる必要があります。 父親ハムスターと母親ハムスターを一緒のゲージに入れて、妊娠の可能性があるならば母親ハムスターに与える餌の内容を少しずつ変更してあげてください。

合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク